歯科経営や農場経営の友人

自分の家も、何か商売をしていたらよかったのに…と思うのは、私がただ単に怠惰なだけか、私が今勤めている会社がダメな会社なだけなのか、果たしてどっちなのだろう。
どっちかといえば後者の方が強いのだろうが、きっとどちらの要素も併せ持っているのだろう。
きっと会社に勤めるという生き方それ自体が私に向いていないわけであって、そう思ったら家でやっている事業を引き継ぐのであれば、自分のことを全く知らない人間に好き勝手言われてイライラすることもないだろう、という安易な考え方である。
私の友人は、自分の父親がやっている歯科を受け継いで、将来は歯科経営をするという道をひたすらに歩んでいる友人もいるし、実家の農家を継ぐために毎日トラクターに乗る日々を過ごしている友人もいる。
そういう投稿をフェイスブックなどで見るたびに、私は一体何をしているのだろう、よっぽど辛い経験をしているのにちっとも人生が楽しくない…と悲観するばかりだ。
次はどこに転職しようかと転職情報誌を眺めつつも、自分の将来についてぼんやりと考え、気づいたらうたたねをする毎日である。